Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16
Union #16

Union #16

通常価格 ¥2,970
単価  あたり 
税込

New Issue — Union #16

Contributing Photographers
Charlotte Lapalus, Eddie Wrey, Jack Davison, Julia Hetta, Lina Scheynius, Mark Steinmetz, Maude Arsenault, Olivier Kervern, Tom Johnson, Vivian Maier.


Price: ¥2,700
Specifications: Clothbound hardcover, 160 pages.
Size: 230mm x 297mm x 23mm
Language: English

 

日本国内の送料は一律198円、発送方法はクリックポスト(ポスト投函)になります。

Union Magazine新刊にあたるNo.16は、私たちが以前から敬慕するフォトグラファーの珠玉のパーソナルワークのみというスペシャルな内容でお届けします。今号のために撮り下ろしされた新作や未発表だった貴重な作品を独自に構成し新たな作品に仕上げました。

世界情勢の見通しが不透明な現在、新たなファッションストーリーを作ることが難しい中、どうすれば私たちのアイデンティティーを表現できる新刊を制作できるか悩みぬき、出した答えがすべてのコンテンツをパーソナルワークのみで構成するという試みでした。

皮肉にも現在の稀有な状況下の中で作り上げたこの一冊は、今後私たちにとって新たな転換期の指標となり、また時代を問わず長く愛されるタイムレスピースとしての一冊になると確信しています。

2021131日発売
本体価格
2,700(税抜)
ISBN: 978-4-9909193-6-8
仕様: クロス張りハードカーバー、全160ページ。
サイズ: 230mm x 297mm x 23mm
言語: 英語


VACANCES - Olivier Kervern
A woman resting comfortably in the shade of a tree, a boy staring into the distance from the beach. The sound of rippling waves coming from somewhere far away and the sweet smell of leaves on the trees with a hint of fresh flowers. It is a beautiful and poetic piece of work interspersed with memories of a summer vacation that somehow evokes our distant memories with its beautiful contrasting shadows.
木陰でゆったりと休む女性、浜辺から遠くを見つめる少年。どこか遠くから聞こえてくるさざ波の音と木々の葉の甘いにおいには爽やかな花の香りがほのかにしみこんでいる。美しいコントラストの陰影とともに私たちの遠い記憶をどこか呼び覚ましてくれるような、ある夏のバカンスの思い出を散りばめた美しく詩的な作品です。


 

THOSE WERE THE DAYS - Maude Arsenault
This is a contribution to the book Entangled by Maude Arsenault, a Canadian photographer, artist and curator. She has been very active in the field of fashion, and this is her next goal and the perspective she felt. The contrast of monochrome that plays a beautiful rhythm deeply shakes our hearts and never stops..
カナダの写真家、アーティスト、キュレーターでもあるMaude Arsenaultによる写真集 Entangled をメイン携え、寄稿をしていただいた作品になります。ファッションの分野でも大活躍した彼女が次に目指したもの、感じていた視点。美しいリズムを奏でるモノクロームのコントラストは私たちの心を深く揺さぶって鳴り止まない。


 

PORTRAITS - Tom Johnson
Tom Johnson, a photographer based in London, contributed this unique and beautifully colored work. He, too, has a blurred line between his personal work and the expressions he shows in his fashion shoots, and they resonate well with each other. These works show a glimpse of his breadth as a photographer and draw you in with his outstanding aesthetic sense. The shutter is pressed at the perfect moment to capture a fleeting expression, and the soft, deep colors captured on film fascinate the viewer.

このユニークで美しい色彩の作品を寄稿してくれたのは、ロンドンを拠点に活躍するフォトグラファーのトム ジョンソン。彼もまたファッション撮影の際に見せてくれる表情と、パーソナルワークとの境界線が曖昧でそれらはうまく共鳴している。これらの作品は彼のフォトグラファーとしての幅広さ垣間見え、その卓越した審美眼に引き込まれていく。一瞬の表情を逃さない完璧なタイミングで押されたシャッターは、フィルムで撮影された柔らかく深い色彩感覚は見るものを魅了する。



BERLIN PARIS AND…  - Mark Steinmetz
American photographer Mark Steinmetz, who has collaborated with us on fashion shoots and personal work in the past, has contributed a selection of his work shot on the streets of Berlin and during his long trips over the past quarter century to Paris, the hometown of the author's mother. His work is a mix of work shot on the streets of Berlin and during an extended trip to Paris, the hometown of the author's mother, which he has visited for a quarter of a century, as well as previously unpublished work shot after the pandemic. His work is as gentle and flat as his own personality, yet has the uncanny ability to bring out the madness, aggression, tenderness and fragility of his subjects at the same time through the lens.
  これまでもファッション撮影や、パーソナルワークにてコラボレーションさせていただいているアメリカ人フォトグラファーのMark Steinmetzが寄稿してくれたのは、ベルリンのストリートで撮影された作品、そして四半世紀にわたって訪れた作者の母親の故郷であるパリへの長期旅行の中で撮影されたものに加えて、未発表となるパンデミック後に撮影されたものもミックスしました。彼の作品は彼自身の性格のように優しくフラットでいながら、レンズを通すことによって被写体の狂気や攻撃性、優しさやもろさを同時に引き出す不思議な力を持っている。


 

RADIO TOWER - Jack Davison
His works, which depict the everyday in a very ordinary way and emphasize light and dark, are as sensual as a painting, and we are immediately drawn into their world. On the one hand, there are vivid details in the shadows, and on the other hand, there are cinematic sequences that shimmer like radio waves emitted from a radio tower. We are fortunate to be living at the same time as this great photographer.
  日常を非常日常的描き出し、明暗を強調した作品はまるで絵画のように官能的で我々はすぐさまその世界に引き込まれる。鮮明なディテールの陰影があると思えば、一方ではまるで電波塔から発せられた電波のように揺れ動く映画の様なシークエンス。私たちはいまこの偉大な写真家と同じ時代に生きている幸運に感謝したい。


 

IN TIME - Charlotte Lapalus
The story was shot on Fårö, a Swedish island with a very powerful nature. She says that this island is her starting point and source of inspiration. A woman exists organically in a beautiful landscape surrounded by silence. When I first saw this great work, I thought of "wabi-sabi," a word that describes Japan's unique sense of beauty. It is a way of seeking beauty in the heart that feels the flavor of old age and the beauty of decay. There are so many beautiful moments that exist quietly and strongly.
  幸運が彼女と私たちを引き寄せてくれた。偶然にも彼女の作品に巡り合ったその瞬間、長年わたしが追い求めていたものがそこにはたくさん詰まっていて、本当に素晴らしい写真家に出逢えたと感動し興奮したのを覚えている。独特の色使い、被写体を見つめる視点、モダンなテーマ、作品全体に哀愁と静けさを醸し出していてタイムレス。今号の表紙は彼女の作品を使用させてもらい我々のフィロソフィーに完全にマッチしている。


 

FÅRÖ - Julia Hetta
The story was shot on Fårö, a Swedish island with a very powerful nature. She says that this island is her starting point and source of inspiration. A woman exists organically in a beautiful landscape surrounded by silence. When I first saw this great work, I thought of "wabi-sabi," a word that describes Japan's unique sense of beauty. It is a way of seeking beauty in the heart that feels the flavor of old age and the beauty of decay. There are so many beautiful moments that exist quietly and strongly.
  物語はFåröという非常に力強い自然があるスウェーデンの島で撮影された作品です。この島が彼女の出発点であり、インスピレーションの源になっているといいます。静寂に包まれた美しい景観の中に時折、有機的に存在する女性。私ははじめこの偉大な作品を初見した際、日本独自の美意識を表す言葉、「わびさび」を思い浮かべた。場所やものにこだわるより精神的なものを重要視するという「わび」、古くなることで出てくる味わいや、朽ちていく様子に対して、美しいと感じる心に美を求める「さび」。そこにはあまりにも美しい瞬間が静かにそして強く存在している。


COBALT HOUR - Eddie Wrey
At first glance, his work is so nostalgic that it could be mistaken for vintage photography, but the intensely beautiful colors of his images are so vividly etched in our minds. The framing, the objects, the backgrounds, everything is original and beautiful. He is currently very active as a fashion photographer, and we asked him to talk about his photography in depth. What does he see and where does he go from here? I felt like I was able to get a glimpse behind the scenes of his finished work.
  一見、ヴィンテージ写真とも見間違うほどにノスタルジックでいて強烈に美しい色彩のイメージが鮮烈に焼き付く彼の作品。フレーミング、オブジェクト、景色。全てがオリジナリティーに溢れていてかつ美しい。ファッションフォトグラファーとして今、大活躍の彼に今回は自身の写真について深く話していただきました。何を見てこれからどう進んでいくのか。完成されたその作品の裏側を少し触れることができた気がしました。



SELF-PORTRAITS - Vivian Maier
In recent years, many of her works, which had never seen the light of day before her death, have been shown to the public and made into films, and have received much praise. This story focuses on her self-portraits in particular. I can't help but feel that her wonderful works, which surpass even contemporary artists, have a message that seems to speak for our philosophy.
  生前は日の目をまったく見ることがなく眠っていた彼女の作品の多くは、近年多くの人々に公開され映画にもなり、多くの賛美を受けてきました。その中でも特にセルフポートレートに注目したストーリーになります。現代の作家をも凌駕する素晴らしい作品には、まさに私たちの哲学を代弁してくれている様なメッセージを感じずにはいれません。



DAYS - Lina Scheynius
Her intimate images, which highlight the beauty and mystery of everyday life, have won her worldwide acclaim. In this exhibition, I would like to celebrate her achievements with some previously unpublished works. At first glance, these works seem to exist on the borderline between sketchbooks and diaries, and can be perceived as special moments. The impressions are delicate yet strong, and the raw sexuality is always elegant and divine when expressed by her.
  日常の中の美や神秘を浮き彫りにする親密なイメージを生みだし、世界的にも高い評価を受けている彼女の作品。今回も未発表の作品を交え彼女の功績を讃えたい。これらは一見スケッチブックやダイアリーの境界線に存在している様であり、特別な一瞬とも感じ取れる。繊細でいて脳裏に焼きつく強烈な印象、生々しいセクシャリティーも彼女が表現すればいつも上品で神々しい。



x